日本語English
 小中大

HOME > 主な活動 > 熱帯病・感染症研究分野

熱帯病・感染症研究分野

熱帯病・感染症研究

長崎大学は、熱帯医学研究所を中心に、国際的感染症対策などの国際協力に通じた基礎臨床医学・疫学から人類生態学まで幅広い学術的なプロ集団をようする感染症教育研究機関でもあります。本学は、2006年9月にJICA委託事業である大洋州予防接種事業強化プロジェクトの事務所を新たに立ち上げ、そして翌2007年3月には、ハノイにあるベトナム国立衛生疫学研究所において長崎大学との共同研究所を設置し現在活発な研究活動が行われています。

国際連携研究戦略本部は、熱帯病・感染症研究分野において、海外に研究拠点を拡充し管理運営を進めていくことで、より円滑な研究が行われるよう支援しています。また、将来国連、WHO、JICA、世界銀行等その他の国内、国際機関との国際協力事業そのものを大学として積極的に受託するために、大学がこれまで培った高い研究能力のみでは必ずしも十分でないため、国際機関や拠点現地から信頼されるに足る企画、契約、資金管理、人材確保などのマネージメント能力を有するような組織体制の確立も行っています。

長崎大学国際連携戦略本部は、このようなさまざまな機関との連携体制を整えていくことでより幅広いグローバル戦略を追求しようとしています。

プロジェクト情報

ページトップへ