日本語English
 小中大

HOME > 主な活動 > 文部科学省委託事業 > 日米メディカルバイオディフェンスシンポジウム

文部科学省委託事業

日米メディカルバイオディフェンスシンポジウム

日米安全・安心科学技術協力イニシアチブ(U.S.-Japan Framework Initiative for a Safe and Secure Society)の枠組みにおいて、バイオテロ等の脅威から国家を防護するための方策を協議する場として、2007年より日米メディカルバイオディフェンスシンポジウムが毎年開催されています。6回目を迎える本年のシンポジウムは、10月に米国での開催を予定しています。

長崎大学国際連携研究戦略本部は、本プロジェクトの受託機関として、米国国立衛生研究所(National Institutes of Health)の国立アレルギー感染症研究所(National Institute of Allergy and Infectious Diseases)と連携し、本年のシンポジウムの議題の策定及び代表者の調整等を行います。両国の科学者および政策担当者が、バイオディフェンスに関連する最新の知見を交換する機会となることが期待されます。

第4回日米メディカルバイオディフェンスシンポジウム
(2010年10月23日-27 日 米国メリーランド州)

ページトップへ